【ゴールデンレトリバー】犬の寿命を伸ばす飼い方|病気編

<スポンサードリンク>

 

goruden16
ゴールデンレトリバーは身体が大きく基礎体力もあるので、病気には比較的かかりにくいです。
しかし、股関節形成不全や外耳炎などいくつかかかりやすい病気もあります。
犬全体に多い病気から、ゴールデンレトリバー特有のものまで紹介するので、一通りチェックしておきましょう。

○ 白内障
瞳孔内の水晶体が白く濁ってくる病気です。
症状が進むとほとんど何も見えなくなり、失明のような状態になります。
手術すれば治療できますが、犬は聴覚や嗅覚が優れているため、視力が低下しても特に問題なく生活できるようです。

○ 外耳炎
垂れ耳でアウトドア好きのゴールデンレトリバーにとって、かかりやすい病気の一つ。
垂れ耳の中は湿気がこもりやすく、細菌が繁殖して炎症を起こす可能性が高くなります。
特に水の中に入った後はしっかりと水分を拭き取り乾燥させるようにしましょう。

○ 股関節形成不全
ゴールデンレトリバーの病気の中で最も有名な病気。
股関節が変形したりずれてしまい、歩き方に異常がでてきます。
若いのに走るのを嫌がったり、ジャンプしなくなったら発症を疑いましょう。
初期に治療すれば病気を改善できることもありますが、悪化すると外科手術が必要になります。

○ 皮膚炎
豊かな被毛を持つゴールデンレトリバーは、湿気がこもりやすく皮膚炎になりやすい犬種です。
また、アレルギーによる皮膚炎や、脂ものの食べ過ぎとシャンプーのしすぎによる脂漏性皮膚炎もあります。
原因によって治療法が違うので、炎症を見つけたら病院で診てもらいましょう。

○ 悪性腫瘍(ガン)
ゴールデンレトリバーは悪性腫瘍ができやすい犬種で、特に悪性リンパ腫の発症率が高いです。
発症すると、食欲不振、やせる、強い眠気などの症状がみられ、発症部分にしこりができます。
7歳を過ぎたら、スキンシップの中でふくらみがないか確認するようにしましょう。

 

⇒ ゴールデンレトリバーの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ