【ゴールデンレトリバー】犬の寿命を伸ばす飼い方|選び方編

<スポンサードリンク>

 

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーの子犬を迎えるために最も大切なのは、心身が健康かどうか。
可愛いとか、なんだか可哀想という気持ちで迎え入れてしまうと、病気にかかっている可能性もあり、何年も苦労することになります。
子犬を買うときには、実際にきちんと対面して、健康状態や性格をチェックをしてから購入しましょう。

 

◇ 健康チェック ◇

【目】
目の色が濁っていたり、目ヤニや涙ヤケが出ている子犬は避けたほうが無難です。
健全なのはイキイキと澄んだ目をしていて、輝いていることです。

【耳】
耳をよく掻く、耳の中が汚れている、耳が臭いなどの症状がある場合、炎症を起こしている可能性があります。
ゴールデンは大きな垂れ耳で、中が湿っぽくなりやすいので、しっかりチェックしましょう。

【鼻】
寝ているときは多少乾いた感じになりますが、起きているときは適度に湿っていてツヤツヤしているのが健康の証。
鼻水が出ていたり、呼吸するたびズーズー音が鳴る場合はやめておきましょう。

【口】
歯茎や舌はピンク色でツヤツヤしていれば健康!!
口臭がある場合や、舌の色がおかしな場合は健康に問題がある可能性が高いです。

【肛門】
肛門付近の毛が汚れていないかチェックしましょう。
お腹の調子が良ければ、肛門付近はほとんど汚れません。
逆に汚れている場合は、下痢の可能性が高いです。

【身体】
抱き上げた時にずっしりと重みがあることを確認しましょう。
ふわっと軽い場合は身体が貧弱な可能性があります。
また、歩き方がアンバランスだったり、歩きたがらない子犬は先天的な異常を抱えている可能性もあります。

 

◇ 性格チェック ◇

ゴールデンレトリバーは、基本的にフレンドリーで穏やか、そして明るくおおらかな性格です。
ただ、人間と同じように個体によって性格が変わってきます。
なので、選ぶ時にはその子の性格も見てみましょう。

【性格テスト1】
兄弟犬たちに向かって手を叩き、呼んでみます。
兄弟を押しのけて真っ先に駆け寄る子は積極的で気が強いタイプ。
のんびりやってくる子は、おっとりしていてマイペース。
尻込みする子は臆病で神経質なタイプ。
大まかにですが、上の3つのタイプを知ることができます。
初心者は、おっとりしているタイプが飼いやすいかと思います。

【性格テスト2】
子犬を仰向けにしてみましょう。
素直に受け入れる子は従順性が高いですが、大騒ぎして噛むような子はあまり従順性が高くありません。

【性格テスト3】
おもちゃを使って少し大きな音を出してみましょう。
動じない子はあまり神経質ではないタイプ。
逆に全くおもちゃに近寄ろうとしないタイプは、神経質でストレスを溜めやすい可能性があります。
また、おもちゃに近づくかどうかで、好奇心の度合いを見ることもできます。

【性格テスト4】
子犬のお尻と胸を抱えて、床から持ち上げてみましょう。
受け入れるかジタバタするかで、もともと持っている服従性を見ることができます。

 

◇ 購入店舗 ◇

自分で子犬の健康をチェックする以上に大切なのが、店舗選び。
ゴールデンレトリバーを飼うには、ペットショップで購入するか、ブリーダーから直接買うか、知人に譲ってもらうという方法があります。
ペットショップは最も身近なのでここで購入する人も多いですが、実は海外では動物をショーケースに入れて販売するのは禁止されているところも多いです。
理由は、ペットに大きなストレスがかかることと、早すぎる段階で母犬から引き離される可能性が高いこと。
また、子犬の出所が不明確なことが多いから。
それに商業動物として扱われるため管理がぞんざいになりやすく、命を軽んじる傾向があることも原因の一つだと考えられます。
なので、オススメは信頼できるブリーダーから直接購入すること。
探す手間も見に行く手間も余計にかかりますが、これから10年間生活を共にする家族です。
信頼できるところから購入するようにしましょう。

【ブリーダー】
犬を繁殖させているプロのブリーダーから直接買う方法です。
ゴールデンレトリバーのみを繁殖させているブリーダーなら信頼性も高く、飼育の悩みが出てきたときも頼もしいアドバイザーになってくれます。
ただし、本当にゴールデンレトリバーを愛して育てているブリーダーと、お金のために繁殖させている繁殖家とは違います。
見極めるのは難しいですが、実際に飼育している様子を見せてもらうと、ある程度様子が分かります。
ブリーダーを探すには、ドッグショーなどで配られる広告や、インターネットで調べるなどの方法があります。
⇒ オススメのブリーダー紹介サイトへ

【ペットショップ】
ペットショップの利点は身近なことと、ちょっとした悩みを相談しやすいこと。
ただし、ペットショップの中でも優良のお店とそうでないお店があるので、注意が必要です。
まずチェックしたいのが、お店の衛生状態。
毛や排泄物、食べ残しなど、ペットを飼育するだけで汚れはでます。
なので、お店全体の衛生状態が良くない場合はペットにまで手がまわっていない可能性があり、子犬が不健康になっていることがあります。
次にチェックしたいのが、生後何か月の子犬が販売されているかということ。
どんな犬も生後1ヶ月目までは母親のもとで兄弟犬と一緒に過ごして、社会化の基礎を作る必要があります。
特にゴールデンの場合7~8週間は母親のところで過ごすことが大切なので、生後2か月に満たない子犬が販売されているお店での購入は控えましょう。
最後に、知識が豊富な店員がいること。
ペットを飼い始めると様々なトラブルや悩みが出てきます。
そんな時に気軽に店員さんがいると心強いですし、頼りになります。
購入前に飼い方や現在までの飼育状況などを聞いてみましょう。

【知人】
知り合いから譲ってもらうという人もいるかと思います。
身近な人に相談できるというのはとても良いですが、注意点がいくつか。
繁殖の際に知識が不十分だったり、交配相手の血のつながりが濃いと、先天的に病気を持っている可能性が高くなります。
また、譲ってもらった後のフォローをしてもらえないということもあります。
ゴールデンレトリバーの純血種を飼いたいという場合は、ちゃんとしたブリーダーから購入したほうが無難でしょう。

 

⇒ ゴールデンレトリバーの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ